理念 3つの基本指針 活動案内
淡路島な人・店・食材・News

【伊勢の森神社 はしご獅子】
 江戸時代中期の享保10年(1725)、当時流行した牛馬の疫病を鎮めるため、獅子舞や梯子の上での踊りを奉納したことが始まりとされ、以後約300年近く受け継がれている伝統行事です。拝殿前では、サルに扮した子供やひょっとこの面をかぶった氏子が獅子を追い回す舞が奉納され、地上約10mの梯子の上では逆立ちや獅子による「御幣」を落とすという安産や豊作を祈願する行事が行われます。近年、中田地区では他地区に比べて、より過疎化が進み、地元在住の若者が少なくなっている中、受け継いでいくのが難しくなっているのが現状のようですが、獅子の綱渡りも平成26年、27年は行われています。平成29年は4月9日(日)開催予定(2012/4/8撮影)

開催日時 毎年4月10日に近い日曜日 13:00〜15:00ごろ

淡路市中田1402−1
(淡路交通・中田バス停より徒歩約30分(開催時に駐車場はありません))

はしご獅子はしご獅子

餅まき        餅まき

獅子追い回し獅子追い回し

ひょっとこ曲芸ひょっとこ曲芸
淡路島へのアクセスは淡路交通をご利用ください。

Copyright (C) 2007 slowfood awajishima Some Rights Reserved.