理念 3つの基本指針 活動案内
淡路島な人・店・食材・News

【淡路人形浄瑠璃 淡路人形座】
 淡路人形浄瑠璃は、今からおよそ500年前の室町時代後期に、兵庫県・西宮より「傀儡師(くぐつし)」の元祖・百太夫(ひゃくだゆう)が淡路島を訪れ、地元の人に伝えたのが始まりと言われています。また淡路人形浄瑠璃は、年に1、2度しか公演しないような素人の民俗芸能ではなく、職業としての玄人芸能集団であり、淡路島のみならず日本全国を巡業して発展していきました。江戸時代中期の最盛期には40以上の座本(ざもと)ができましたが、昭和30年代のテレビの普及など国民の娯楽感覚の変化に伴い、衰退していきました。昭和60年の大鳴門橋開通に合わせ、鳴門海峡が一望できる大鳴門橋記念館内に開設されましたが、平成13年頃からのお客様の減少と福良地域の活性化を図るため、このたび福良港に移転、平成24年8月8日オープンとなりました。新劇場は、上から見ると、外壁が8の字を描くように内部空間を囲んでおり、内装には地元の土を使った淡路瓦や塗り壁、兵庫県産の木材など地域性が感じられる材料が用いられています。

南あわじ市福良甲1528−1地先(淡路交通・福良バスターミナル前)
 筍娃沓坑后檻毅押檻娃横僑

入 場 料 (個人)大人1500円 中高生1300円 小学生1000円
         幼児(3歳以上)300円
開館時間 9:00〜17:00
休 館 日 毎週水曜日(祝日の場合は翌日休館予定)、年末休館(12月17日から31日)
開演時間 10:00 11:00 13:00 14:00 15:00
     ※所要時間 約45分
座 席 数 179席+補助席
※詳しくは「淡路人形座」(←クリック)

淡路人形座(西側)淡路人形座(西側)

淡路人形座(南側)淡路人形座(南側)

淡路人形座・緞帳淡路人形座・緞帳
淡路島へのアクセスは淡路交通をご利用ください。

Copyright (C) 2007 slowfood awajishima Some Rights Reserved.