理念 3つの基本指針 活動案内
理念

     
スローフードの主旨
スローフード運動は、バラエティ豊かな地域の食を再発見し、これを愉しみながら、人が豊かに、そして平和に生きていくうえで欠かすことのできない「食の喜び」を取り戻そうという運動です。

スローフードは世界共通の願い1980年代に、イタリアでも「ファストフード」がチェーン展開されはじめ、大量生産、大量流通、食品添加物、遺伝子組み換えといった、「食の均質化」の波が次第に押し寄せていきました。そんな食に代表される画一的でせわしない現代生活に、「スローフードな食卓」から革命を起こし、もっと生き生きとした社会をとりもどしたい。それが、「スローフード」の哲学です。

ここ数年、「スローフード」という言葉が、日本でもようやく浸透してきました。さいわい日本には、国土の6割以上の山間部や多くの島々があり、多様な風土にそれぞれの食生活、嗜好、気候に適した豊富な食材、調理法が根づいています。こうした美味しくてバラエティ豊かな地域の食を、担い手とともに守っていきたいと考えています。

国境・言語・文化を越えた対話を通じて、「スローフード」も次第に、円熟味を増してきたといえます。そして、最初の国際大会となったパリ大会で 「1989年スローフード宣言」 が採択され、その後21世紀になって、ナポリ大会で新たに 「2003年スローフード宣言」 が採択されました。「スローフード」の哲学は、いまでも、世界を駆け巡るなかで進化を続けています。

スローフードジャパン参照
http://www.slowfoodjapan.net/index.html

淡路島へのアクセスは淡路交通をご利用ください。

Copyright (C) 2007 slowfood awajishima Some Rights Reserved.